2016年11月23日水曜日

【クルマ】 GoogleMapナビの間違い

私のクルマにはナビを載せていない。
なぜかというと、GoogleMapのナビがとても優秀な為、
最早ナビ専用品を載せる必要性を感じなくなったのだ。

そんなわけで、先日もいつも通りGoogleMapナビで移動していたんだが、
初めて妙な経路を案内される事案が発生した。

場所は、大阪は堺市の三国ヶ丘駅近く。
前方後円墳でおなじみ、仁徳天皇陵のすぐそば。





大通りから細い道へ右折するように誘導され、

「妙なところに入るんだな・・・」

とは思いつつも、まあいいか程度で曲がったのだが・・・


・・・ん? 目の前のフェンスに看板・・・??



なにこれ・・・(汗)

最初は、私がGoogleMapで案内されている事が
なぜ見透かされているのかと驚き
それと同時に、この看板の妙なインパクトも手伝って
すごく気味が悪く感じたのですが・・・



なるほど・・・こりゃ通れないわ・・・
というか、Google先生、こんなところを何故に案内したの(汗)

看板に書いてある通り、Google先生の誘導ミスで
無理に通行して危ない目に遭う人が多発しているのでしょうね・・・



看板のあるところを横から確認するとこんな感じ。
この時点ですでに狭くて、曲がるのに何度か切り返しをした。
考えてみりゃ、この時点であきらめてりゃ良かったんだけど。


そんなわけで、ヒイヒイ言いながら方向転換して
なんとか引き返す羽目になったのでした。
接触とかしなくてヨカッタ・・・(汗)

2016年11月22日火曜日

【酒】 YEBISU #126 を飲んでみた

セブンイレブン限定のYEBISU #126。
偶然見つけたので買ってみた。

苦味があまりなく、ビールが苦手な人でも
飲みやすいんじゃないかな、という印象。
うまいよ。

【86】 PROVA製スポーツステアリング358Z取り付け

PROVA製スポーツステアリング358Zを取り付けたので、記録。


Ⅰ) 外観

1. 全体

アルカンターラ表皮。
スエード独特の手触りが気持ちいい。

ステアリング上部、中間部、下部の3か所で生地が変えてある。


2. 各部

上部は、黒のアルカンターラ。
中間部は、穴あきのパンチング加工がされている。

下部は、色がグレー。
さらに下から覗くと、写真のように「PROVA」のロゴがエンボス加工されている。
また、形状がフラットになっている。



Ⅱ) 取り付け要領

1. バッテリを外す

まずは、作業前にハンドルを真っすぐの位置にしておき、
エアバッグの誤爆防止の為、バッテリを外して10分ほど待つ。


2. エアバッグ部を外す


ハンドルの左右と下部に写真のような穴が3か所ある。
それぞれの穴を覗き込んで、中をよく見ると
針金のようなものがあるのが確認できる。

この穴にマイナスドライバーなどを挿し込み、針金を押し込むと
エアバッグ部分がパコっと浮き上がってきて
外せるようになる。

エアバッグが外れた状態。
エアバッグのコネクタと、ホーンのコネクタを外せば
エアバッグ部分を外すことができる。

エアバッグコネクタは、ロックがかかっており、
そのままでは外すことができない。
真ん中の黄色い樹脂部分がロックになっており、
マイナスドライバ等で引き上げることでロック解除、
その後、真っすぐ上に引き抜くことができる。

3. 細かい部品を外す

このへんのネジを取れば・・・

ステアリングベゼルが外れる。


つづいて、上側のネジを2本取って、
ステアリングセンサコネクタの周りのブラケットを外す。


4. ステアリングAssyを外す

センターナットを緩める。
ここでは緩めるだけ。完全に外さずにおいておく。

ステアリングプーラーを準備。
スプラインに嵌っているステアリングホイールを
まっすぐ引き抜くために使うSST(Special Service Tool)。
そんなに高価なものでもないので、これを機会に購入。

プーラーに3本ついているボルトのうち、左右のボルトを
写真のようにネジ穴にねじ込む。
続いて、真ん中のボルトをステアリングセンターナットの部分に
合うように軽く当てる。

そうしたら、3本のボルトのそれぞれの目視して
真っすぐ垂直になるように長さを調整する。


プーラーが取りついたら、真ん中のボルトを写真のように
ボックスレンチで少しずつ締め込んでいく。

すると、あるところで”ガコっ”と手応えが無くなるので
そうしたら、ステアリングプーラーを取り外し、
ハンドルをそっと取り外す。

ハンドルが外れた状態。
ステアリングセンサを誤って回してしまわないように注意。


5. エアバッグ固定用針金の移植

純正ステアリングに付いている、エアバッグ固定用の針金(写真)を
新しいステアリングに移植する。
ラジオペンチなどを使えば、純正ステアの針金を外して
新しいステアリングに付け替えるのはそう難しくは無いだろう。

6. 新ステアリングの取り付け


外した時と逆の手順で組み付けていく。
ステアリングセンターナットは、締め付けトルクが39[Nm]と決まっている。
写真のように、トルクレンチで締め付ける。

2016年11月1日火曜日

【86】 TEIN製 EDFC ActivePro 配線巻き込みの原因が判明

前回のエントリで取り上げた「EDFC のモーター配線巻き込み」の件について、
原因が判明した。

  • 原因 : EDFCストラットキットを取り付けていなかった
  • EDFCストラットキットって?
    https://www.tein.co.jp/products/edfc_active_pro.html

    上記ページの下のほうにオプションパーツとして記載があります。
    お値段は 3000円。 
    このページの説明書きには
     「車高調整時の配線巻き付きを防止します」
    と記載があり、
    リンクから辿れる適合を確認すると確かに、
    86の場合はストラットキットが必要だとの記載がある。

    ただ、自分の場合取り付け後に車高調整をした訳ではありません。

    にもかかわらずEDFCの配線を巻き込んでいたので、
    必ずしも車高調整をすると配線巻き付きが起きるという訳でもない様です。

    つまり、
    86にEDFCを装着する場合、問答無用でストラットキットが必要だったという事ですね。


    また、
    https://www.youtube.com/watch?v=3MTTbgSHjrs

    上記リンクにある動画の4:23くらいからにも、
    ストラットキットについても説明がされています。
    こちらでは、
     「Frのショックアブソーバーがストラット式で、
      尚且つピロアッパーマウントの場合、
      走行中にEDFCシリーズのモーター部が
      一定方向に書いてする現象が起こる場合があります」
    との説明がなされています。
    一定方向に回転するというのが私にはよく理解できませんでしたが、
    結果的にストラットキットが無いとモーターが原因で
    配線が巻き込むことになるのは間違いないようです。

なぜストラットキットを取りつけていなかったのか、については
大人の事情により、記載は控えます・・・(汗)

そんな訳で現在、EDFCの機能は一旦殺して、ストラットキットを加発注中。。。

2016年10月13日木曜日

【86】 TEIN製 EDFC ActivePro 配線巻き込みが発生

先日導入したTEINの車高調。
減衰力自動調整をしてくれるEDFC ActiveProも同時に導入したんだが。。。


先日、EDFCがエラーを吐いた。
エラーコードを見ると、断線、とな。

車高調とEDFCを導入して、まだ一か月そこらなのに
いきなり故障?! マジすか・・・

とりあえず、ボンネットを開けてFR輪のモーター取り付け位置を確認してみたら。



なにこれ。
コネクタ外れてる・・・
(断線エラーの直接的な原因はコレ)

そして。



わかりますか。

EDFCモータードライバーが、ぶらんぶらんの状態になっている。。。

え、なにこれ。
確か取りつけ直後の状態は、ちゃんとなっていたはずなのに。


今度はFL輪の状態をみたところ。。。




マジかこれ。
配線が巻き込まれている。

え。なになに。
EDFCのこのステッパモータって、軸じゃなくて、
本体がぐるぐる回る訳?!
本体が回っちゃ、軸は回らないんじゃあ・・・
減衰力調整ちゃんとされてるのかコレ・・・?
「減衰力調整されても違いがわからないなあ。
俺ってやっぱ感度悪いなあ・・・」
って思ってたのはまさか至極当然だったの?


FR輪の配線が外れてたのは、回った結果コネクタがひっこ抜かれた訳か。。。
両面テープ付けだったモータードライバーは、回転に引っ張られた結果、
耐え切れずに剥がれて、ブランブラン状態に。
で、FL輪のモーターはこのように配線が巻き込まれた、と?


えええええ。

なにこれ。
そんなもんなの?

取りつけ不良なの?

ちょっと少し調べる。
それまでは減衰力は固定モードだな。。。


6万円取っといて、このクオリティ・・・?


2016年10月12日水曜日

【86】エンジンをかけずに燃料残量を確認する方法

86の燃料計は、イグニッションスイッチがオフの時は
自動的に針がE(エンプティ)の位置に戻ってしまい、
その状態だと燃料残量を確認することが出来ません。


・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・


と、思っていたのですが、
実はやり方があったことに今更ながら気が付きました。

以下、動画です。



なんと・・・ODOスイッチを押せば、
イグニッションスイッチが入っていなくても
一定時間だけメーターの電源が入るようになっていたとは・・・

2016年10月9日日曜日

【86】AVEST製 エアコンダイヤルリング 装着

少し色気を出して、色付きのエアコンダイヤルリングを付けてみた。

AVEST エアコンダイヤルリング


Amazonで買えた。

プライムを使ったら、ポチって翌日に届いた。
Amazon超便利。


さて、現物。


アルミ削り出しで、ローレット仕上げされていて、とてもきれい。


クルマに付けてみると、下のような感じ。


ん。
いいんではないかい。



【86】 TEIN製 車高調 Flex A を導入

TEIN製の車高調 「Flex A」 を導入。

さすがに自分での取りつけは面倒なので
買ったお店に頼んだ。


下の2枚の画像は、FL側のもの。
写真撮るだけでタイヤ外すの面倒だったので
ジャッキアップ状態での撮影。




下の画像は、RL側のもの。


せっかく?なので、減衰力コントローラの
EDFC Active PROも一緒に導入。


乗り心地は、思ったほど悪くない。

円旋回などまでやっていないので、よくわからないが、
普通に街乗りする感じでは、純正に比べると、
道が荒れている場所など、時々大きな突き上げが来ることがあるものの
十分普段使いも許容できると自分は感じる。

気になったのは、EDFCのほうで、
減衰力調整をするステッパモーターの音。

車両の前後左右Gや車速に応じて、4輪独立で細かく自動制御してくれているが
かなり音が室内に入ってきて、最初は何事かと思った。
「ビュイーン、ビュイーン」とかなり耳障りな音。

86の場合は、決して静かなクルマじゃないし、そもそも静粛性を求めるのも
ナンセンスかと思うが、さすがにこの音はいかがなモノか・・・


とはいえ、全体的には満足している。
コースを走りに行くのが楽しみだ。

2016年4月17日日曜日

【クルマ】 少し変わったタイヤ空気圧ゲージを購入。

◆タイヤは命を乗せている・・・




こんなCMがありましたが、本当にそうだと思います。


近頃の高性能なクルマには、扁平率の低い(薄っぺらい)タイヤが
装着されていることも多くて、空気圧が極端に低くなっていてもパっと見では
わかりにくいことがあります。

そのまま気づかずに高速道路を走ってタイヤが破裂、コントロールを失って・・・


JAFチャンネル 「空気圧不足でも起きるタイヤのバースト」
http://ch.jafevent.jp/detail.php?id=455



こんなことになるなんて、考えるだけで恐ろしいです。

それに、空気圧が適正でないと、燃費にもよくありませんしね。



◆そんな訳で・・・


ガソリンスタンドで空気圧チェックしてもらうのもいいんですが、
そこは自分でチェックするのがスマートなドライバーだと思うわけです。


というわけで、空気圧ゲージを買いました。


大橋産業株式会社 「ペンシル型タイヤゲージ No.211」 です。

近所のオートバックスで350円くらい。 これは安い・・・
これならグローブボックスの中に忍ばせておいても邪魔にならない。

しかし、こんな形の空気圧ゲージ初めて見たが、
果たしてどうやって使うのか・・・??


◆その気になる使い方は・・・




 ↑ ① こちら側をタイヤに刺します



 ↑ ② 反対側から、ニョキっと棒が飛び出てきます




 ↑ ③ 棒に書かれた数値を読みます。


面白い構造です。
時々チェックする程度ならこれで十分。 いい買い物した。


2016年3月31日木曜日

【写真×86】 河口湖 に行ってみた

◆河口湖の大石公園へ行ってきた。

 ラジオの天気予報によると、気温は平年より高く5月上旬並みとか。

 だけれども、霞みがかかっていてイマイチぱっとしない天気だった・・・  残念。

 朝早くに来るか、夕方に来たほうが、抜け?のいい絵が撮れるんじゃないかという気がしてきた。







◆まだスタッドレス。





◆次の週末くらいには、夏タイヤに変えようかな。






◆それにしても外国人(特に中国の方)の多いこと。




2016年2月16日火曜日

【酒】 茜霧島を飲んでみた



ひょんなことから、茜霧島を入手。

飲み方は、ロックで。

フルーティーな香りはうたい文句のとおりで、だけども赤霧島ほど主張する感じはせず・・・
なんだろう・・・すっきり飲みやすく、フルーティーないい香りが楽しめる・・・そんな焼酎。

私、評論家じゃないし、どう表現していいやらわからないが・・・ さておき、おいしい事に違いない。


お湯割りにすれと、どうなるかな・・・?
今度やってみよう。

2016年2月15日月曜日

【86】 記録 TRD製エアロスタビライジングカバー取り付け

86に TRD製の エアロスタビライジングカバー を取り付けたので、記録として以下に残す。

※以下の内容を行ったことに伴う、何らかのトラブルや損失・損害等については当方は一切責任を負いません。


◆内容物◆


購入先から送られてきた箱には、以下のものが入っていた。


  1. エアロスタビライジングカバー


  2. ゴムスペーサ(2mm厚×6個、3mm厚×6個)


  3. PACクリーナ


  4. PACプライマー



◆今回使った工具◆


スタビライジングカバーは、両面テープでリアウインドウへ貼り付けるだけなので、レンチなどの工具は使わない。

ただし、両面テープで貼るための前処理や位置決めなどが重要になるため、それをサポートするための道具は揃えておいたほうがよいと思われる。

参考までに、以下に私の例を示す。 いつものとおり、必ずしもこのとおりである必要は無い。


  1. 定規
    トランクとリアウインドウの隙間を測ったりするために使う。


  2. ガムテープ(マスキングテープ)
    プライマーをガラスに塗布する際に、ボデーを保護するためなどに使う。
    取り説ではマスキングテープを使うように記載があったが、手持ちが無かったのでガムテープで代用した。
    マスキングテープを使う場合は、幅が広いタイプのものを選ぶと都合が良さそうに感じた。

  3. ガラス用コンパウンド
    リアウインドウにガラスコーティングを施している場合は、コンパウンドなどで落としておく。


◆取り付け要領◆



事前に取り説にしっかり目を通して、指示通りに作業すればそれほど困ることも無いだろう。

ここでは、取り説に記されていない、私が気づいたカンコツ的な点も含めて記そうと思う。

1.(事前処理)ガラスコーティング類を除去する

両面テープの付きを確実なものにする為の前処理を行う。 


↑私は、よくある油膜取りのコンパウンドを使った。


2.エアロスタビライジングカバー裏の両面テープの端の処理



↑カバー中央部の切れ目から3センチくらい剥がして・・・


↑剥離紙を、カバー表側へひっくり返して・・・


↑テープで固定しておく。
こうすることで、位置決めの際の仮付けをやりやすくできる。



↑左右の端も同じように剥がしておく。


3.スタビライジングカバー取り付け部を脱脂する



↑付属のPACクリーナーを使って、取り付け面を脱脂する。


4.リヤウインドウとトランクの隙間を測る



↑ウインドウ中央部あたりの隙間を測る。 私の場合、10mmほどだった。
ここで計測した距離を元に、後で使うゴムスペーサの厚さを変える。
隙間によって選定するスペーサの厚さは取り説に表があるのでそれを参照のこと。


5.取り付け範囲の周りにマスキングを行う



↑Cピラー下部あたりとトランク上部にマスキングを行う。
このあと、プライマーを取り付け面に塗布するが、ボデーにプライマーがつくと塗装が変色する恐れがある為らしい。
今回は、ガムテープで代用・・・見た目が悪いのはご愛嬌・・・(汗


6.プライマーを塗布する



↑エアロスタビライジングカバーの取り付く範囲に、プライマーを塗布する。
マスキングしているとはいえ、ボデーに付いてしまわないように注意して作業する。


7.10分以上乾燥させる


プライマーは、テープをしっかり密着させるためのもの。
(詳しいことは知りませんが)ここできっちり乾かすことがコツのようだ。


8.マスキングを剥がす


どのタイミングでマスキングを剥がすのがベストかわからないが、この後にエアロスタビライジングカバーをつけると考えると、ここで剥がしておいたほうが作業性がよいと考えた。


9.ゴムスペーサをつくる



↑2mmと3mmの厚さのスペーサがあるので、それを組み合わせて手順4で隙間を測って決まった厚さのゴムスペーサを作る。
私の場合、4mmの厚さのスペーサにする必要があったので2mmを2枚組み合わせた(写真)。
ゴムスペーサには、両面テープが付いているので、それを剥がしてくっつければよい。


10.ゴムスペーサをつける



↑トランク中央と、トランクの端から10cmの位置(左右)の3箇所に、ウインドウ面から少し浮かせて取り付ける。 これもスペーサの両面テープを剥がして付ければよい。
あとで外すので、軽くつける。


11.エアロスタビライジングカバーを仮付け、位置決めする



↑中央

↑左

↑右

ゴムスペーサの下にエアロスタビライジングカバーを差込み、ゴムスペーサに軽く押し当てる。 
この際、カバーの左右を見ながら偏って取り付いていないか、ゴムスペーサとの間に隙間が無いかを見ながら位置を調整する。

位置がよければ、エアロスタビライジングカバーの中央部を軽く押さえてリアウインドウへ仮付けする。


12.トランクとの干渉を確認する


↑ゴムスペーサを外し、トランクをゆっくり開閉、エアロスタビライジングカバーとの干渉が無いことを確認する。


13.剥離紙を剥がし、本付けを行う


↑ゆっくり上へ引き抜くように剥離紙を剥がしていく。
剥がしたら、まんべんなく上から押さえて圧着する。
(取り説には、5kgf以上の力で圧着せよとの記述があるが、さすがにどんなもんか分からないので指で強めに圧着しておいた・・・)




14.完成



※取り付け後、24時間は洗車しないほうがよいようだ。