2016年10月13日木曜日

【86】 TEIN製 EDFC ActivePro 配線巻き込みが発生

先日導入したTEINの車高調。
減衰力自動調整をしてくれるEDFC ActiveProも同時に導入したんだが。。。


先日、EDFCがエラーを吐いた。
エラーコードを見ると、断線、とな。

車高調とEDFCを導入して、まだ一か月そこらなのに
いきなり故障?! マジすか・・・

とりあえず、ボンネットを開けてFR輪のモーター取り付け位置を確認してみたら。



なにこれ。
コネクタ外れてる・・・
(断線エラーの直接的な原因はコレ)

そして。



わかりますか。

EDFCモータードライバーが、ぶらんぶらんの状態になっている。。。

え、なにこれ。
確か取りつけ直後の状態は、ちゃんとなっていたはずなのに。


今度はFL輪の状態をみたところ。。。




マジかこれ。
配線が巻き込まれている。

え。なになに。
EDFCのこのステッパモータって、軸じゃなくて、
本体がぐるぐる回る訳?!
本体が回っちゃ、軸は回らないんじゃあ・・・
減衰力調整ちゃんとされてるのかコレ・・・?
「減衰力調整されても違いがわからないなあ。
俺ってやっぱ感度悪いなあ・・・」
って思ってたのはまさか至極当然だったの?


FR輪の配線が外れてたのは、回った結果コネクタがひっこ抜かれた訳か。。。
両面テープ付けだったモータードライバーは、回転に引っ張られた結果、
耐え切れずに剥がれて、ブランブラン状態に。
で、FL輪のモーターはこのように配線が巻き込まれた、と?


えええええ。

なにこれ。
そんなもんなの?

取りつけ不良なの?

ちょっと少し調べる。
それまでは減衰力は固定モードだな。。。


6万円取っといて、このクオリティ・・・?


2016年10月12日水曜日

【86】エンジンをかけずに燃料残量を確認する方法

86の燃料計は、イグニッションスイッチがオフの時は
自動的に針がE(エンプティ)の位置に戻ってしまい、
その状態だと燃料残量を確認することが出来ません。


・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・


と、思っていたのですが、
実はやり方があったことに今更ながら気が付きました。

以下、動画です。



なんと・・・ODOスイッチを押せば、
イグニッションスイッチが入っていなくても
一定時間だけメーターの電源が入るようになっていたとは・・・

2016年10月9日日曜日

【86】AVEST製 エアコンダイヤルリング 装着

少し色気を出して、色付きのエアコンダイヤルリングを付けてみた。

AVEST エアコンダイヤルリング


Amazonで買えた。

プライムを使ったら、ポチって翌日に届いた。
Amazon超便利。


さて、現物。


アルミ削り出しで、ローレット仕上げされていて、とてもきれい。


クルマに付けてみると、下のような感じ。


ん。
いいんではないかい。



【86】 TEIN製 車高調 Flex A を導入

TEIN製の車高調 「Flex A」 を導入。

さすがに自分での取りつけは面倒なので
買ったお店に頼んだ。


下の2枚の画像は、FL側のもの。
写真撮るだけでタイヤ外すの面倒だったので
ジャッキアップ状態での撮影。




下の画像は、RL側のもの。


せっかく?なので、減衰力コントローラの
EDFC Active PROも一緒に導入。


乗り心地は、思ったほど悪くない。

円旋回などまでやっていないので、よくわからないが、
普通に街乗りする感じでは、純正に比べると、
道が荒れている場所など、時々大きな突き上げが来ることがあるものの
十分普段使いも許容できると自分は感じる。

気になったのは、EDFCのほうで、
減衰力調整をするステッパモーターの音。

車両の前後左右Gや車速に応じて、4輪独立で細かく自動制御してくれているが
かなり音が室内に入ってきて、最初は何事かと思った。
「ビュイーン、ビュイーン」とかなり耳障りな音。

86の場合は、決して静かなクルマじゃないし、そもそも静粛性を求めるのも
ナンセンスかと思うが、さすがにこの音はいかがなモノか・・・


とはいえ、全体的には満足している。
コースを走りに行くのが楽しみだ。